内気な私のママ友の作り方

内気な私のママ友の作り方(ジモティーでのママ友作り)

 

子どもが二人います。上の子は産休が明けると直ぐに祖父に預けて働く事を再開しました。

 

二人目の子の出産の時には既に仕事を辞めて少しの間、家に居ようと考えていました。

 

今まで仕事をして忙しくしていました。ほぼ保育所に子どもを任せていた事もあり、子どもの寝返りやハイハイ、つかまり立ちを初めて見たのも保育士さんでした。

 

そんな状態ですので、離乳食もほぼ作った事がありませんでした。ママ友もおらず、それでも不自由なく過ごす事が出来ていました。

 

ママ友の必要を感じた時

 

上の子しかまだいない時の休みの日、お出かけは子どもに合わすのではなく、親の行きたい所、用事に連れて行っていました。

 

しかし、3歳にもなると休みの日にも同じ位の年の子と遊びたいのではないだろうかと考える様になりました。イベント事もずっと家族だけで過ごしていました。

 

保育所のママとも、話をする程度で今まで過ごしてきたのでプライベートな関係まで築く事が出来ていませんでした。

 

元々私自身がそんなにガツガツ踏み込めるタイプで無い事も災いして、子どもには幼馴染と言う者がいません。それではあまりにも可哀そうだと思い、二人目の出産を機にママ友を作ろうと考えました。

 

内気な私に出来る事

 

子どもが出来れば、母は強くなるとも言われますが、そもそもの性格は変えられません。

 

急に親しげに話し掛ける事も出来ないので、どの様にしてママ友を募ろうかと考えました。

 

以前からジモティーと言うサイトで商品を売買していました。そこでママ友やメル友、サークル友達を募集するカテゴリーがある事に気が付きました。

 

早速そこに書き込みをしました。

 

出来れば長男、次男とも同じ年齢のママがいいなと思い、子どもの年齢、性別を載せ、掲示板みたいに内容を記載しておくだけで、読んだ相手が連絡をくれるの待つだけで事は終了しました。

 

なかなか連絡は貰えない

 

しかし、内容がお粗末だったのか、なかなか連絡はありませんでした。

 

そこで、他のママ友募集をしている人の内容を参考にしました。もっと具体的に何をしたいのか、どの様な人間なのかを書こうと思いました。

 

職業、一緒にしたい事、今回ママ友を募集するきっかけを記載しました。すると同じ業界の方から連絡がありました。

 

恐らくお互いに警戒心はあると思うので、可能な限り誠意を持って接しました。

 

一度お会いしたいと考え、1カ月先の子どもイベントに一緒に行く約束をし、それまでは毎日ジモティーのメールを利用してやり取りをしました。

 

初めて出来たママ友

 

今まで、ママ友と言う言葉はTVで耳にはしてきましたが、必要性を感じていませんでした。

 

しかし、実際にママ友が出来るとその心の安心感は思ってた以上でした。本来の目的は子どもに友達が出来たら嬉しいと言う感じでした。

 

ママ同士は如何なものかと思っていましたが、出来たママ友は気が合うママでしたのでまずは私達が友達になれたと思います。

 

同じ業界の職種という事もあり、親近感は更に沸き、仕事の話も沢山しました。

 

まだまだ子どもは友達や一緒に遊ぶと言う感覚が分からない、生後半年ですが、保育所に預けず育てている私にとっては子育ての情報共有が出来ておりかなり大切で尊敬出来る存在になっています。

 

今後は時間が許す限り一緒に子どもを育てていきたいと考えています。

 


関連ページ

長話をする近所の方との付き合い方
長話をする近所の方との付き合い方
都会暮らしのご近所付き合いを改善したい
都会暮らしのご近所付き合いを改善したい