初めて原付に乗るなら押さえておきたい基本的な話

初めて原付に乗るなら押さえておきたい基本的な話

初めて原付に乗るに当たり、いくつか知っておいた方がいい話があります。ここでは、最低限押さえておきたい知識についてご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

 

原付を乗るのに必要な免許の話

 

原付に乗るためには免許が必要です。当たり前の話ですが^^;

 

原付の定義は、排気量が50cc以下の二輪車、もしくは三輪車のことを指します。また、場合によっては四輪もこの分類に入るそうです。

 

さて原付に乗るのに必要な免許ですが、普通自動車免許を持っていれば原付に乗ることが可能です。

 

その他には、原付免許を取れば乗ることが可能です。原付免許は16歳から取得することが可能で、試験は学科試験のみです。

 

ただし、試験前または試験後に運転免許試験場、または警察署、指定自動車教習所などが主催する技能講習を受ける必要があります。

 

原付に車検は必要?

 

通常自動車には車検というものが存在します。車検は、ある一定期間ごとに車に異常がないかなどの点検を行う作業です。私は原付を購入する前は原付にもこの車検制度があると思っていました。

 

しかしながら、原付には車検制度はないとのことです。なので別途費用も発生せず、面倒もありません。ですが、整備不良は事故の元です。

 

そのため、日ごろから自己点検を追行うだけでなく、期間を決めてバイクショップなどで点検を行ってもらいましょう。そのため、原付にも維持費用が掛かることを覚えておいてください。

 

原付の点検

 

原付は、自動車のように車検があるわけではありません。

 

つまり、自分の原付の状況がどうなっているのか、このまま乗っても問題がないのかは自分で確かめなければいけません。

 

自分でといっても、バイクショップなどにもっていけば点検してもらえます。あくまで点検は強制ではないということです。

 

また、エンジンオイルも定期的に交換しなければいけません。目安としては、新車で買った場合は初めの1,000kmを走ったら交換。それ以降は2,000〜3,000km毎に交換です。

 

費用としては、私の場合は約2,000円費用が掛かりました。まあ、高いのか安いのかはいまいちわかりませんがとりあえず交換してもらいました。

関連ページ

原付の購入手続き(流れ)ガイド
原付の購入手続き(流れ)ガイド
原付用ヘルメットの選び方やおすすめ
原付用ヘルメットの選び方やおすすめ
初めての人の原付乗り方講座
初めての人の原付乗り方講座
原付に必要な維持費用はいくら?
原付に必要な維持費用はいくら?
原付の保険(自賠責保険・任意保険)で押さえておきたいポイント
原付の保険(自賠責保険・任意保険)で押さえておきたいポイント
原付初心者のための原付講座
原付初心者のための原付講座