原付の購入手続き(流れ)ガイド

原付の購入手続き(流れ)ガイド

原付の購入ですが、手続きとしては以下の通りです。

 

  • 原付の代金を支払い、販売証明書を発行してもら
  •  

  • 各市町村の窓口(軽自動車税の係)に行き、新規登録を行う

 

原付の購入に必要なもの

 

原付の購入に必要なものですが、下記のようなものが必要です。

 

原付の購入費用

 

当然ですが原付を購入するためには原付の購入費用を用意する必要があります。

 

原付の購入費用には下記のようなものがあります。

 

  • 車両本体価格
  •  

  • ナンバー登録代行費用

 

自分で手続きすれば費用を浮かせることができますが、バイクショップで代行してもらうこともできます。その場合大体5,000円程度かかります。

 

ナンバープレートの登録を代行してもらう場合は手数料が余計にかかりますし、乗り出すためには整備などもする必要があるのでそうしたお金も用意する必要があります。

 

  • 整備費用

 

納車前の点検や整備をするのに1-3万円程度かかります。

 

  • 自賠責保険
  •  

  • ヘルメット

 

原付はヘルメットを着用する義務があります。

 

※ 原付に乗るためには車両本体価格だけ出せば乗れるというわけではないのでしっかり乗り出し価格をチェックしましょう

 

各種保険料

 

原付であっても自賠責保険に加入する必要があるため、保険料が必要です。その他に任意保険にも加入したほうがいいでしょう。

 

印鑑

 

しっかりしたものでなくても大丈夫です。さすがにふざけすぎたのはダメですけどね。

 

身分証明書

 

健康保険証や運転免許証など。

 

原付購入に必要書類は?

 

原付購入に当たり、必要な書類は特にありません。こう書くと語弊がありますが、お店に登録書類(原付バイクや小型特殊自動車を所有している場合は車両の登録手続きが必要)があるので、その書類に住所や氏名、生年月日などを記入していきます。

 

最後に印鑑が必要なため、必ず印鑑(認印)を持参してください。

 

なお、現住所に住民票がない場合は身分を証明(現住所を確認できるもの)できるもの(免許証など)を持参しなければいけません。ちなみに、原付の購入に当たり免許証の提示は求められないこともあるようです。

 

ここまで終わったら、あとは購入代金を支払って原付の購入は完了です。また、この時に一括で払うことができなくても、手付金を支払って残りは納車の時に支払うなどの対応もしてくれるようなのでご安心ください。

 

ちなみに書類登録などはお店で買った場合はその購入店でやってくれるためそれで終わりなのですが、個人で登録する場合は市・区役所などで手続きする必要があるようです(品川区のホームページを参照してみてください)。

 

原付の新規登録で必要なものは4つ

 

  1. 軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書(窓口でも記入できます。)
  2.  

  3. 販売証明書
  4.  

  5. 窓口に来る方の本人確認できるもの(運転免許証、健康保険証等)
  6.  

  7. 印鑑(所有者、使用者のもの)

 

ナンバープレートの発行(数十分くらい)

 

窓口でナンバープレートとボトルをもらえますので、購入した原付に取り付けましょう。

関連ページ

初めて原付に乗るなら押さえておきたい基本的な話
初めて原付に乗るなら押さえておきたい基本的な話
原付用ヘルメットの選び方やおすすめ
原付用ヘルメットの選び方やおすすめ
初めての人の原付乗り方講座
初めての人の原付乗り方講座
原付に必要な維持費用はいくら?
原付に必要な維持費用はいくら?
原付の保険(自賠責保険・任意保険)で押さえておきたいポイント
原付の保険(自賠責保険・任意保険)で押さえておきたいポイント
原付初心者のための原付講座
原付初心者のための原付講座