引っ越しでの保険の手続きまとめ

引っ越しでの保険の手続きまとめ

引っ越しでは荷物の整理や新しい環境に慣れることに気が向きがちですが、保険の手続きもきちんと済ませておかないと勿体無いこと、あるいは無用なトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

 

引っ越しの際に忘れてはいけない保険の手続き一覧

 

引越しする際に必要な保険の手続きを下記にまとめましたので、ご覧下さい。

 

火災保険の解約

 

今まで住んでいた家(部屋)で加入していた火災保険は、退去日付けで解約しましょう。あらかじめ「○日に引っ越します」と指定しておけば、引越し前でも手続きを済ませておくことができます。

 

基本的に解約の場合は書類に契約者のサインが必要であり、電話では受け付けてもらえない場合がありますので、早めに準備をしておきましょう。保険会社の規定にもよりますが、書類が保険会社に到着した日ではないと手続きを認めない会社だと解約日がその分遅れてしまいます。

 

賃貸住宅の場合は特に入居時に1年分、あるいは2年分の保険料をまとめて支払っているので、解約返戻金が発生します。手続きが遅れれば遅れるほどその解約返戻金は少なくなっていきますので、忘れずに手続きしましょう。

 

火災保険の契約

 

新しく住む部屋の火災保険を準備しましょう。

 

ただし、新居に入居するかなり前に火災保険の契約手続きを済ませてしまうと、郵便屋さんが「この家表札出ていないのに人住んでいるのかな?」とか、「住所は間違いないけれども郵便ポストにガムテープが貼ってあるなあ(賃貸住宅では空室の郵便ポストをガムテープで塞いでいることがあります)」困ってしまい、保険証券を届けられない場合があります。

 

確実に届けさせるために敢えて前の住所に届くように設定したり、入居日以降に証券が届くタイミングを見越して契約する等工夫をされた方が良いかもしれません。

 

住所変更の手続き

 

生命保険や自動車保険の住所変更は済ませていますか?

 

住所変更については運転免許証のコピーや住民票のコピーといった公的資料は基本要りません。それどころか電話1本で簡単に手続きしてくれる保険会社もあります。

 

住所変更を忘れていると年末に大切な控除証明書が届かない、自動車保険の更新のお知らせが届かない等トラブルが予想されます。郵便局に転送届けを出しておけば大丈夫!と思っている人もいるかもしれませんが、転送届けは1年しか有効ではありません。

 

保険会社がどのタイミングで郵便物を送付してくるか分かりませんから、役所に住所変更を届出するついでに一緒に変更してしまった方が良いでしょう。

 

自動車の契約内容変更

 

引越しに伴い使用の本拠地が変わると、登録番号を変更する必要があります。登録番号が変われば、勿論自賠責保険も任意の自動車保険も登録している番号を変更する手続きをとらなければなりません。登録番号の変更は確実に行っておきましょう。

 

車は同じであっても、登録番号が変わるといざ事故があった時登録内容と実際に使用している車の内容が違うので、保険会社が確認作業に手間取ることになります。

 

事故で緊急を要するときに、呑気に車のナンバーなんて確認している余裕があるでしょうか?いざという時困らないためにも、忘れずに手続きをしておきましょう。

関連ページ

最初が肝心!引越し挨拶のタイミング
最初が肝心!引越し挨拶のタイミング
初めて引越しをして感じた、ここを改善すればもっと楽に引越しできるコツ
初めて引越しをして感じた、ここを改善すればもっと楽に引越しできるコツ
引っ越しの際は繁忙期を避けるのが無難
引っ越しの際は繁忙期を避けるのが無難
引越をなるべく安くスムーズに済ませるために出来る事
引越をなるべく安くスムーズに済ませるために出来る事
引っ越しでの不用品の処分方法
引っ越しでの不用品の処分方法