引越をなるべく安くスムーズに済ませるために出来る事

引越をなるべく安くスムーズに済ませるために出来る事

まず、単身の引越や家族揃ってでの引越などと、引越と言っても色々あると思います。

 

私の場合は1人暮らしするため単身での引越だったのですが、1人暮らしでこれからお金が沢山かかってくるのと、予定が沢山あったので引越の費用は出来る限り最小限に収めてなるべく短時間で済ませたいと思いました。ではどうすればなるべく安くスムーズに引越が出来るのでしょうか?。

 

引っ越しを安く抑えるコツ

 

引っ越しを安く済ませるには、まずは自分で出来ることは自分でやる

 

大きな家具は難しいですが、洋服や小物でしたら自分で箱詰めして運ぶ事も出来ますよね。当日や前日に業者に梱包してもらうのにもお金がかかってしまうので、出来る物は自分で梱包しました。

 

そして、あまり遠くない場所への引越だったので自分の車で引越当日より先に新居の方に運びました。自分で運んでみて思ったのですが、やはりなるべく1つの箱に沢山詰めた方が良かったです。本が沢山あったので、本や書類などの重いものは小さい箱に入れ、洋服や他の軽い荷物は大きな箱に詰めると自分でも運びやすいと思いました。また、ホームセンターで購入した台車を使うと楽だと言うことも分かりました。

 

引越をなるべく短時間で終えるために出来る事

 

家具の配置をきっちり決めておく

 

まず1つは、業者の人に運んでもらう家具の配置を前もって決めておく事だと思います。「ここにはタンスを起きたいけど、テーブルもこの部屋に入れたい」などと、当日に迷ってしまうと業者の人の作業も止まってしまうかもしれません。私は1人暮らしする為部屋が少なかったので良かったですが、家族での引越の場合だと一軒家なら2階、3階の部屋もありますし、どの部屋のどの辺りに置こうか迷ってしまうと長くなってしまいます。

 

しかし、自分に出来る準備はこれぐらいかな、と思ったのですが、惜しかった事がありました。

 

冷蔵庫を運んでもらう時の事です。事前に冷蔵庫の中の食べ物や飲み物、食材は使い切ったり出しておいたのですが、新居に着いて冷蔵庫を降ろす時に冷蔵庫が水でべちゃべちゃになっていました。業者の人に言われて気付いたのですが、冷蔵庫の電源を抜いたのが業者の人が来る1時間ほど前でした。電源を抜いたのが遅かったからか、冷凍庫の凍った部分が運んでる最中にトラックの中で溶けてべちゃべちゃになてしまったみたいです。

 

なので、業者の人が来るまでに冷凍庫の中の水分を拭けるよう、時間に余裕を持って電源を抜いた方が良いと言う事が分かりました。

 

引っ越し業者と、工事の人のバッティングを防ぐ

 

2つ目、惜しかったなと思った事があります。引越当日にエアコンの業者が来て部屋の中が混雑してしまい、引越の作業がその間スムーズに進まなかった事です。もうひとつは照明の数が合わなかった事です。

 

一軒家の自分の部屋からの引越だったので照明は1つしか無く、新居ではあとひとつ照明が足りず、夜になる前に何とかしなきゃと困ってしまいました。

 

この2つの事で気付いたのは、やはり事前に忘れず考えておく事でした。自分の中ではエアコンと照明をすっかり忘れていました…。

 

エアコンの業者の人には、作業が被らない日にお願いする事です。積み地でエアコンを取るのが早いと季節によっては辛いかもしれませんが…。照明は、今回の引越が午前中に終わったから良かったものの、夕方になると真っ暗で片付けも出来ません。

 

以上、自分で出来る準備はやってみようと考えた結果、やって良かった事と忘れがちな物がある事が分かりました。

関連ページ

最初が肝心!引越し挨拶のタイミング
最初が肝心!引越し挨拶のタイミング
引っ越しでの保険の手続きまとめ
引っ越しでの保険の手続きまとめ
初めて引越しをして感じた、ここを改善すればもっと楽に引越しできるコツ
初めて引越しをして感じた、ここを改善すればもっと楽に引越しできるコツ
引っ越しの際は繁忙期を避けるのが無難
引っ越しの際は繁忙期を避けるのが無難
引っ越しでの不用品の処分方法
引っ越しでの不用品の処分方法