引っ越しでの不用品の処分方法

引っ越しでの不用品の処分方法

引っ越しの準備で必ず出てくる不用品の処分方法についてご紹介します。

 

引越しの荷物を最小限に抑えるために

 

生活していく上でどうしても家財道具が増えていくため、引越しを期に不要なものを処分し、引越し費用も抑えつつ身軽になることを目標としました。新居が現在の部屋よりも広い、狭いは関係なく、生活していけば必ず荷物は増えていきます。

 

どんなに最小限に抑えていても必ずそれ以上に増えていきますから、むしろ減らす方向で処分を前提に考えていくことにします。

 

不用品の仕分け

 

まずは処分するものを決めますが、荷物を家電、衣類、家具、日用品の4種類に分けます。

 

家電は「まだ使える」と思っても、すでに長期間継続使用しているものや、機種が古いために電気代がかかるようなものは処分するようにします。

 

モノを大事にすることは良いことですが、買い替えた方がエコということもあります。家具や日用品も、使っていないまましまっていたものはすべて処分することにしました。これはどうしよう、と迷ったら不用品にまわします。

 

不用品が増える理由は「もったいない」

 

アドバイザーや整理整頓のプロに訊くと、もったいないと思うことで不用品が増えていくそうです。まだ使えるのにもったいないと思うのであれば、リサイクルやオークションで売ります。

 

ただし、新品で購入した段階ですでに型落ちであった場合、どんなに美品であってもオークションで落札してもらえる可能性は低いです。

 

オークションで出すなら型落ちでない家電かどうかで判断しないと、手間がかかったわりには処分できないままで終わります。

 

売る、リサイクル処分する、あげる

 

家電は、よほどの新品でない限りオークションでは売れません。リサイクル処分するのであれば、一番費用が安い自治体に申し込むのが一番です。ただし、自治体が指定する回収場所に家電を持ち出さなくてはいけません。

 

エアコンなど重いものを搬出する場合、それが可能であるかどうかを考える必要があります。自治体によっても回収費用に差がありますが、扇風機や空気清浄機などは200円程度、エアコンなどは1,000円程度で済みます。

 

自治体への電話やホームページで申込みができ、費用の支払いはコンビニで回収シールを購入することで成立します。

 

リサイクル品は購入したシールを貼り、指定された日時に出しておきます。また、お金をかけない処分をするのであれば、できるだけ小さく切り、自治体の指定のゴミ回収日に処分します。自治体の回収費用がかかるのは、大きさや重さのためです。

 

処分するだけでも費用がかかる 利益よりも支出ゼロを目標に

 

冷蔵庫やエアコン、洗濯機はリサイクル業者へ依頼します。処分費用は多少高くなりますが、搬出と処分を一手に引き受けてくれます。ソファ、パイプ椅子、カラーボックスなどはのこぎりで小さく切って家庭ごみで出せます。

 

パソコンはリサイクル法で決められていますから、メーカー回収になります。最近ではパソコン専用の回収業者があり、送料無料で引き受けてくれるところもありますからインターネットで調べて送料・処分費用無料で回収してもらいました。

 

不要な衣類は小さく切って、部屋の汚れを取る時の掃除に使いました。重曹やクエン酸を染み込ませて換気扇や床掃除に使うと無駄なく処分できます。不要な食器は地域の掲示板へ、引き取りに来てくれることを前提に差し上げました。それ以外のものはNPO法人へ寄付です。

 

この方法で、引越しのための処分費用はほとんどかかりませんでした。近は処分することで結構な費用がかかりますから、売ってお金に換えるのではなく、その支出をしないことを目標に処分しました。

 

リサイクルショップを利用しての処分について

 

まだまだ使えるものも多く、ゴミにするのはもったいないと思っていました。しかしそんなある日、テレビを見ていたらリサイクルショップのCMが流れてきたのです。

 

リサイクルショップのCMはしょっちゅう流れていますし、広告もよく見かけます。私は今まで、リサイクルショップは興味はありましたが、利用したことがありませんでした。それでも、今回はたくさんの不用品が出たので、ダメ元で利用してみようと思ったのです。

 

大量の不用品を車に積んで、リサイクルショップに持って行った結果

 

不用品を車に積むのがまず一苦労でした。

 

中にはワレモノもありましたので、丁寧に割れないように、箱に入れます。不用品を持って、アパートの階段を降りるのが、重くて大変でした。

 

リサイクルショップは近くに数件あったのですが、そのうちの大手の所に持っていきました。初めてのことでしたので、勝手がわからず、少し不安でした。それに、買い取ってもらえるのかな、という気持ちもありました。

 

リサイクルショップに入って、受付の人に事情を話したら、台車を貸してくださいました

 

男性従業員が積み荷を手伝ってくれました。受付で、身分証明書を提示しました。

 

かなり大量だったので、査定には時間がかかりました。結局、1軒目のリサイクルショップでは、全てを買い取ってはもらえず、戻ってきたものもけっこうありました。それでも、いくらかの現金にはなりましたし、不用品の処分もできたのでよかったです。

 

同じように2軒目のリサイクルショップに行って、残り全ての査定をお願いしました。幸い、2軒目で全ての不用品を買い取ってもらえました。小物類はまとめての買取でした。

 

1回では運びきれず、2〜3回、リサイクルショップに足を運びました。そのおかげで、不用品はすっかりなくなりました。

 

今回の引っ越しでは、リサイクルショップを利用して、本当に良かったと思っています

 

もし、通常のゴミとして出していたら、逆にお金を払わなければなりませんでした。それに、ゴミの分別がかなり大変です。

 

自分では不用なものでも、他の人には必要なものかもしれません。不用なものを上手く循環させることによって、ムダ使いをなくせるリサイクルというシステムは本当に素晴らしいと思いました。

 

洋服は3分の2くらいは、リサイクルショップに出しました。しかし、その半分はかなり着こんでいたので、無料の寄付BOXに入れました。

 

どこかの国の人たちに、私の不用な服が役に立ってもらえれば、嬉しいです。引っ越しは終わりましたが、これからもリサイクルショップは利用して行きたいと思っています。

 

「引っ越し時の不用品処分の費用を抑える方法」

 

私は結婚のために引っ越しをする時のたくさんのものを捨てなければなりませんでした。今度は二人で住むので自分のものを置くスペースも限られています。加えて家電はほとんど新しく買うことになったので、自分のものはほとんど処分しなければなりませんでした。そこで、不用品処分の方法について詳しく調べてみました。

関連ページ

最初が肝心!引越し挨拶のタイミング
最初が肝心!引越し挨拶のタイミング
引っ越しでの保険の手続きまとめ
引っ越しでの保険の手続きまとめ
初めて引越しをして感じた、ここを改善すればもっと楽に引越しできるコツ
初めて引越しをして感じた、ここを改善すればもっと楽に引越しできるコツ
引っ越しの際は繁忙期を避けるのが無難
引っ越しの際は繁忙期を避けるのが無難
引越をなるべく安くスムーズに済ませるために出来る事
引越をなるべく安くスムーズに済ませるために出来る事