マネーフォワードは自動で家計簿を作成してくれる便利なアプリ

マネーフォワードは自動で家計簿を作成してくれる便利なアプリ

以前の私は来る日も来る日も一生懸命エクセルにその日使った金額を打ち込んでは集計していました。

 

確かにお金を管理するうえで何にいくら使ったか、例えばこの日はペットボトルのお茶を○本買って、昼食代に〇〇円使ったというように記録を取っていけば正確にお金の流れを把握することができます。

 

ただ、実際にやってみて分かったのですが、この方法は非常にしんどいんです。

 

私は一応毎日パソコンは開くんですけども、エクセルを開いて金額を打ち込んで、と言う単純なことでも億劫になります。

 

なので、気付いた時には全く記録しなくなっていました。ただ何もしないのはいけないな、と言うことで出会ったのがマネーフォワードでした。

 

マネーフォワードを使えば自動で家計簿が作れる

 

マネーフォワードと言う家計簿アプリを使えば、簡単に支出の内訳を知ることができます。

 

項目については選択肢から簡単に選べますし、自分で手入力することも可能です。

 

このように、マネーフォワードを利用することでほぼ自動で家計簿を作ることが可能です。

 

金融機関を登録

 

では、なぜ自動で家計簿を作れるのかと言う話ですが、あらかじめマネーフォワードに自分の使用している金融機関のログインIDとパスワードを登録しておくため、あとは勝手にマネーフォワードが自動でデータを取得してくれます。

 

また、財布の中にあるお金などを把握したい場合は手入力の対応もしてくれているので、自分のスタイルに合わせて運用できるのも魅力です。

 

※ 取引に必要なパスワードは入力する必要がないため、その点は安心してください

 

なお、登録可能な金融機関は下記の通りで、詳細についてはマネーフォワードのページでご確認ください。

 

お金の流れがわかる

 

上述したように、マネーフォワードは入ってくるお金、そして出ていくお金についても細かく分類することができます。

 

また、カレンダーに1日ごとに内訳を表示してくれるため、お金の流れをより細かく知ることができます。

 

家計簿にない機能もある!

 

更にマネーフォワードでは、家計簿では分からない資産の把握をすることもできます。家計簿ではお金の流れを把握することはできますが、貯まったお金を何に(例えば株にいくら、預貯金でいくら)と言うことまでは分かりませんし、毎日価格は変動してますから逐一把握することは難しいですよね。

 

マネーフォワードの場合は自動でデータを取得してくれますし、さらに視覚化までしてくれます。

 

上記の通り、何にいくらあって、資産の推移はどのようになっているのかを簡単に知ることができるので重宝しています。

 

また、マネーフォワードへの登録は1分かからずに終わるので楽です。

 

まずはサイトにGO

 

まずはマネーフォワードのホームページに行きましょう。そうしましたら次は、「家計簿を試す」か「新規登録」をクリックします。

 

登録したいメールアドレスと任意のパスワード、そして利用規約に同意するにチェックして「無料で使ってみる!」をクリックすれば仮登録は完了です。

 

本登録を完了する

 

仮登録しますと、先ほど登録したメールアドレス宛てに「メールアドレスの認証を行ってください」と言うメールが届きますので、そのメールにあるURLをクリックしてください。

 

そうしますと次はプロフィール登録画面に進みます。ただプロフィールと言っても下記の通り簡単なもののみであり、個人的な話は出てきません。

 

@ 性別

 

A 誕生年

 

B 都道府県

 

C 職業

 

これで登録は完了です。

 

マネーフォワードのセキュリティについて

 

マネーフォワード(moneyforward)は自動で自分が利用している金融機関からデータを取得し、一括でお金の動き・資産を管理することができる便利なサイト・アプリです。

 

ただし、そのためにはマネーフォワードに金融機関へのログインIDとパスワードを入力する必要があるのでその安全性が気になるところです。

 

実際、私もマネー度ワードの存在を知ってからもすぐに登録できなかったんですよね。安全性はどうなんだろ?って思って。

 

そこでここからはマネーフォワードを使用するのに危険性はあるのか?安全性は大丈夫なのかと言うことについて検討していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

データはすべて暗号化されている

 

私たちの情報の送受信には、暗号機能の「256bit SSL暗号化通信」と言うものが使われているようです。ちなみにこのデータを解読するためには数百兆年の時間が必要とも言われています。

 

この方式はよく聞くような気もするので一般的な対策なのだと思いますが、そうした対策をしっかり行われているという点は安心できますね。

 

中には基本的なセキュリティ対策さえしていないところもありますから。

 

また、私たちのメールアドレスや金融機関へログインするためのID、パスワードは暗号化してサーバーに保存されているわけですが、そのサーバーにアクセスするのに制限が設けられています。

 

プラスして、システムの運用には金融機関で長年そういった業務に携わってきた人が担当しており、経歴は同社のサイトで確認できるので、気になる方は見てみてください。

 

大手金融機関による出資

 

  • マネックスベンチャーズ
  •  

  • 三菱UFJキャピタル

 

マネーフォワードには上記の会社が出資しています。大手金融機関が出資しているから安心・安全と盲目的に信じることはできませんが、何かトラブルがあれば出資している会社にもダメージがあるだけに、そうした点から見て信頼度は上がりますね。

 

名前や住所などの登録は必要なし

 

マネーフォワードに登録するのに必要なのはメールアドレスと自分で決めたパスワードだけです。名前や住所を登録する必要はないため、個人情報の流出にはつながりません。

 

また、登録するのはログインID・パスワードだけで取引に必要なパスワードについては登録しないため、万が一にも備えられているのがポイントです。

 

マネーフォワードのセキュリティに関するまとめ

 

マネーフォワードは上述した通り、様々なセキュリティ対策を行っています。少なくとも、ぞんざいに私たちのデータを扱っていないということは確認できます。

 

マネーフォワードは実際に使ってみればわかりますが、自動で自分の資産を一括管理できますし、家計簿もかんたんの作成できる本当に便利なツールです。

 

また、今のところマネーフォワードを利用して何かあったといった話は聞いていませんし、私も快適に利用できています。セキュリティが不安だから利用しないというのはもったいないですよ。

 

毎週自分のお金の動きについて考えるきっかけを与えてくれる

 

突然ですが皆さんは定期的に自分のお金の動きについて確認していますか?

 

毎日の収支、そして月初からの累計を細かく分析する必要はありませんが、1カ月に一度しっかり時間を取って分析することは習慣づけたほうがいいでしょう。

 

ただ、1カ月に1回しっかり分析する時間のほか、週1回その週にどういったお金の動きがあったのかも確認したいところです。そうした細かなチェックをすることで普段からお金について考えるという習慣がついてきます。

 

毎週のメールがきっかけ

 

とは言え、休みに入ってほっと一息ついたときに能動的に行動を起こすのはおっくうかもしれません。

 

そうしたときに役に立つのがマネーフォワードのサービスです。

 

左の画像にもありますように、マネーフォワードは毎週『最近の入出金』と『今週の収支』、『資産状況(株や預金などの内訳)』をメールで送ってきてくれるのです。ちなみに土曜日に送られてきます。

 

また、『CEO辻庸介のウィークリーコラム』と言うのもあるので見てみると面白いかもしれません。

 

マネーフォワードを評価してみる

 

マネーフォワードと言う自動家計簿作成アプリをしばらく使ってみての評価を書いていきます。

 

マネーフォワードのいいところ

 

マネーフォワードのいいところを箇条書きでまとめ、各項目についてコメントを付けます。

 

銀行口座やクレジットカードなどの情報の一元管理が可能

 

マネーフォワードを利用することで、銀行口座にある残高や証券口座の残高、さらにはクレジットカードでいくら使ったのかと言うことやポイントがどれくらい貯まっているのかを一元管理することができます。

 

いちいち資産の確認をするために各口座を渡り歩く必要もありません。

 

自動なので無駄な作業は必要ない

 

マネーフォワードを利用すれば自動で各口座からデータを拾ってきて、しかもそれを一覧にしてくれるため無駄な作業を省略することができます。

 

一度登録するだけでいい

 

各金融機関へのログインIDとパスワードを登録する必要があるのですが、登録は1回するだけでOKです。

 

お金の動きを視覚化してくれる

 

マネーフォワードでは自動でお金の動きを視覚化・グラフ化してくれるため、感覚的にお金の動きを把握することが可能となっております。

 

資産運用している場合、時価総額で評価できる

 

資産運用などをして日々価格が変化する資産を持っている場合、エクセルなどの管理では余計な時間がかかってしまいます。

 

その点マネーフォワードであれば自動で時価総額を表示してくれるので簡単に資産の状況を確認することが可能です。

 

マネーフォワードの悪いところ

 

マネーフォワードの気になるところです。

 

クラウドなので、データが突然消える恐れがある

 

ネット上でデータを管理しているため、何かの手違いで突然データが消えてしまう恐れもあります。

 

有料会員であれはデータのバックアップ機能が使えるんですけど、それだけのために毎月500円払うのは嫌ですね。

 

無料なので広告が入る

 

なぜ無料なのかと言えば、広告掲載による手数料と有料会員からの会費があるためです。

 

なので広告がいろいろあるのは仕方ないですね。少なくとも管理画面に露骨に出てくるようなことはないので安心してください。

 

セキュリティ面に不安が残る

 

セキュリティ面は安心できますがそれでもやはり不安は残りますね。

 

その点についてはある程度割り切るしかないでしょう。私もマネーフォワードを知ってから登録するまでにセキュリティの面で心配があったので時間がかかりましたが、便利さを考えて、思い切って登録してみることにしました。

 

最初の登録がやや面倒、支出項目の設定など

 

マネーフォワードを使うに当たり、はじめに各金融機関のログインIDとパスワードを登録するのと、支出項目の設定(指定)をする必要があるので手間です。ただ一度登録してしまえば後は自動なので最初位は頑張りましょう。

 

マネーフォワードの評価

 

マネーフォワードを使い始めてある程度の期間経過しましたが、今のところ特に使い勝手が悪いと感じたことはありません。

 

もともと私のお金の動きはシンプルだというのもあるのでしょうが、お金の流れの把握が楽になっています。

 

お金の管理が楽に

 

私の場合、放置している証券口座があるんですけど、その口座にいちいちアクセスするのも面倒なので自動でデータを取得してくれることで資産全体の管理が楽になりました。

関連ページ

お金を上手に増やすコツを知って資産を増やしていきましょう
お金を上手に増やすコツを知って資産を増やしていきましょう
家計簿は手書きがいいの?おすすめの家計簿活用方法
家計簿は手書きがいいの?おすすめの家計簿活用方法
家計簿は節約の補助的な役割を果たす
家計簿は節約の補助的な役割を果たす
クラウドで家計簿をつけよう!
クラウドで家計簿をつけよう!
家計簿のつけ方の基本
家計簿のつけ方の基本
出費がかさむ前に実践したいこと
出費がかさむ前に実践したいこと
社会人なら知っておきたいお金の貯め方
社会人なら知っておきたいお金の貯め方
一人暮らしの節約
一人暮らしの節約
ケチと思われないお手軽節約生活
ケチと思われないお手軽節約生活
ネットオークションを利用して生活費を節約
ネットオークションを利用して生活費を節約
水道光熱費の節約方法
水道光熱費の節約方法
衝動買いを減らし生活費を節約するには?
衝動買いを減らし生活費を節約するには?
ガソリン代を見直して家計を節約!
ガソリン代を見直して家計を節約!
袋分けで家計を節約!
袋分けで家計を節約!
家計節約の為のパソコン選びについて
家計節約の為のパソコン選びについて
医療費を見直して家計を節約しよう
医療費を見直して家計を節約しよう
節約に繋がる家計簿のつけ方の種類について
節約に繋がる家計簿のつけ方の種類について
最も確実なお金の貯め方は?
最も確実なお金の貯め方は?