クラウドで家計簿をつけよう!

クラウドで家計簿をつけよう!

私は家計簿をクラウドでつけています。

 

以下、クラウドで家計簿をつけるメリットです。

 

  • 外出先でも確認できる
  •  

  • パソコンが壊れてもデータは残っている
  •  

  • 家族で共有することも可能

 

まず初めにクラウドで家計簿をつけることで外出先でも確認できるようになるといったメリットがあります。これは、エクセルで記録していたら得られないメリットです。

 

また、ノートで記録していれば持ち運びできますが、まさか外出先でノートを開いて自分の家計の状況を確認する気にはなれませんよね。

 

次に、パソコンが壊れてもデータが残っているというのも心強いです。クラウドを使って家計簿をつけていれば、万が一パソコンが壊れてもファイルが破損するといったことはありません。また、ノートをなくしてデータが見れなくなったなんてこともありません。

 

3つ目ですが、家族で共有することが可能です。これはエクセルでもノートでも可能なんですけど、家族が見たいときにささっと見れるのがクラウドのいいところですね。それと、単身赴任している家族がいる場合は、クラウドでの家計簿を使うことによって簡単に家計の状況を把握することができます。

 

どんな家計簿がいい?

 

私は家計簿マニアではないのでそんなに種類を知らないのですが、実際に使っていておすすめなのはマネーフォワードです。

 

PCでもiphoneでもandroidでも使うことができますし、もちろんどこからでもアクセスが可能です。

 

また、一度登録すれば後は自動で家計簿を作成してくれる機能も見逃せません。

 

皆さんは簡単に家計簿がつけられたらいいな、なんて思いませんか?実はいくつかのポイントに注意すれば今までよりもより簡単に家計簿をつけられるようになるんです!

 

そもそもなぜ家計簿は続かないの?

 

  • 1円単位でしっかり記録しようとしている
  •  

  • 項目を細かく分類しすぎている
  •  

  • 記録するのを忘れてうやむやになっている
  •  

  • 毎日つけようとしている

 

思い当たる節はないでしょうか?家計簿に挫折する要因はズバリ几帳面になりすぎているということです。

 

家計簿はそもそもきっちり記録するのが目的ではなく、お金の流れを大まかに把握するためのツールなのです。収入と支出のバランスがわかれば十分、そういった気持ちで家計簿に臨みましょう。

 

家計簿を簡単につけるコツ

 

  • 多少の誤差には目をつぶる
  •  

  • 項目は大雑把にする(食費、光熱費、通信費、日用品、被服費など)
  •  

  • レシートをもらう癖をつけて、思い出す労力を減らす
  •  

  • まとめて記録する

 

家計簿は大雑把でいいという心構えでやるのが長続きのコツです。

 

また、簡単につけるためには上述したようなことを実践していきましょう。特に、レシートをもらう癖をつけたり、スイカなど電子マネーで買い物をして後で明細を出すことでなるべく労力を減らしていくことが大切です。

 

家計簿を簡単にする=自動化する

 

と言うことです。

 

私は現在マネーフォワードと言うネット家計簿を使ってます。

 

ネット家計簿を使う前はエクセルで毎日記録していたんですけど、記録を忘れてしまうときもあってそれがストレスになっていました。

 

また、エクセルを立ち上げるのって結構手間ですよね?なので、気付いてもめんどくさくて記入しなかったりしてしまい、結局数カ月で断念してしまいました。

 

ただこのままじゃいけないなと思っていたのでちょっと調べてみたところ、マネーフォワードがよさそうだということで使い始めることにしました。実はそれより前から存在は知っていたんですけど、ネット管理は危険じゃないかなと言うことで敬遠していたんです。

 

でも、そうした危険性よりも便利さ、使うことによるメリットのほうが大きいと思いますし、調べてみるとセキュリティがしっかりしているということもわかりました。

 

また、最初は金融機関の登録などがあって手間だったんですけど、そのあとは自動で家計簿を作成してくれるので手間いらずです。表計算で自分で計算式書いたりする必要もありませんからね。

 

さて、利用した結果ですが、お金の動きが簡単にわかるようになりました。そして、手間をかけることなく家計簿をつけることができているので非常に満足しています。

 

節約生活の目的とは、支出を減らしてお金を貯めることです。また、日々の生活を楽しくするためのものでもあります。

 

なので、漠然と節約しても意味はありません。節約を始めて間もない人は食費などの変動費をとにかく削ろうとしますが、その支出は日々の生活の楽しみにもつながる部分です。

 

なので、あまり節約しすぎるとその反動で無駄遣いしてしまうこともありますし、仮に無駄遣いを抑制できたとしてもストレスがたまりやすい状況となります。

 

そうした状況になるのを避けるためには、まずは固定費の見直しから始めてみましょう。固定費には家賃や通信費などがあります。

 

定期的に必ず発生する費用なのですが、毎回のことなのであまり検討しないことが多いです。ただ、この部分を減らすことができれば変動費とは比べ物にならないほどの支出の削減が可能となります。

 

漠然と節約しようとするとなんでも我慢しなければという風になりがちですが、効果が大きいところから手を付けてなるべくストレスのない節約生活をできるように心掛けることがポイントです。

 

なお、お金がなぜか貯まらないから節約しようと考えた場合でもすぐに節約を始めるのは考え物です。まずは一度収入と支出の動きを確認し、何にいくら使っているのかなどを把握してみましょう。

関連ページ

お金を上手に増やすコツを知って資産を増やしていきましょう
お金を上手に増やすコツを知って資産を増やしていきましょう
マネーフォワードは自動で家計簿を作成してくれる便利なアプリ
マネーフォワードは自動で家計簿を作成してくれる便利なアプリ
家計簿は手書きがいいの?おすすめの家計簿活用方法
家計簿は手書きがいいの?おすすめの家計簿活用方法
家計簿は節約の補助的な役割を果たす
家計簿は節約の補助的な役割を果たす
家計簿のつけ方の基本
家計簿のつけ方の基本
出費がかさむ前に実践したいこと
出費がかさむ前に実践したいこと
社会人なら知っておきたいお金の貯め方
社会人なら知っておきたいお金の貯め方
一人暮らしの節約
一人暮らしの節約
ケチと思われないお手軽節約生活
ケチと思われないお手軽節約生活
ネットオークションを利用して生活費を節約
ネットオークションを利用して生活費を節約
水道光熱費の節約方法
水道光熱費の節約方法
衝動買いを減らし生活費を節約するには?
衝動買いを減らし生活費を節約するには?
ガソリン代を見直して家計を節約!
ガソリン代を見直して家計を節約!
袋分けで家計を節約!
袋分けで家計を節約!
家計節約の為のパソコン選びについて
家計節約の為のパソコン選びについて
医療費を見直して家計を節約しよう
医療費を見直して家計を節約しよう
節約に繋がる家計簿のつけ方の種類について
節約に繋がる家計簿のつけ方の種類について
最も確実なお金の貯め方は?
最も確実なお金の貯め方は?