ケチと思われないお手軽節約生活

ケチと思われないお手軽節約生活

節約生活も度が過ぎると、ケチだのセコイだの思われかねません。

 

人に何を思われようが気にしない強靭な精神力を身に付けるのも良いですが、人間関係が疎遠になりそうです。まずはケチと思われない程度のお手軽な節約生活から始めるのが良いでしょう。

 

まずはコンビニの利用を辞めることから始めましょう。これは節約生活の第一歩とも言えます。

 

コンビニの商品はほぼ定価で販売されているので、スーパーで購入するより割高になります。

 

最近は弁当男子という言葉もありますね。しかし、いきなりお弁当を作るのは敷居が高いので、まずは飲み物を自分で作って持っていきましょう。

 

最近はステンレス製のマイボトルが色々販売されていて、デザイン性の高いタイプも販売されています。マイボトルには保温/保冷両用と保冷専用があるので、冬場に熱い飲み物を入れたい人は注意して選びましょう。

 

節約生活でネックになるのは友達や同僚からの食事の誘いです。毎回断ったり、奢ってもらったりするとケチだと思われてしまいます。なので、安くて美味しいお店を自分で探して提案したり、家飲みに誘ったりなどして出費を抑えましょう。

 

趣味・娯楽費と節約生活

 

節約生活をする上でネックになるのが趣味・娯楽費です。趣味・娯楽費は生活をする上で絶対に必要な物ではないので、節約生活をするならゼロにすべきなんでしょう。しかし、実際はゼロにするのは難しい物です。ゼロにしてしまうとストレスがたまって本末転倒になってしまいますからね。

 

なので、工夫して少しでも減らす努力をしましょう。

 

例えば、本や雑誌や漫画などを読むのが趣味と言う人も多いと思いますが、これは工夫次第でかなり節約出来ます。本なら図書館で借りれば無料ですし、図書館によってはCD・DVDまで借りれるところもあります。雑誌も図書館にも置いてありますが、借りれるところは少ないので注意しましょう。

 

漫画は流石に図書館に置いてませんが、最近はコミックレンタルサービスもあるので積極的に活用しましょう。

 

一冊当たりの単価は100円前後なので、漫画を買うより圧倒的安いです。レンタル期間はおよそ2週間程度なので、十分漫画を楽しめます。

 

どうしても本や雑誌や漫画を手元に置きたい人は電子書籍で購入しましょう。電子書籍の方が紙の本より安く購入することが可能です。

 

以上のポイントを踏まえて趣味・娯楽費を抑えながら、節約生活を送りましょう。

 

金融機関の手数料と節約生活

 

金融機関の手数料は意外と高く付くので、節約生活をする上でネックになります。手数料自体は100〜200円とそれほどでもありませんが、何度も利用するとその額は数千円単位になります。

 

なので節約生活をするなら金融機関の手数料を賢く抑えることも必要です。

 

まず、最も多く利用するであろうATM手数料。

 

ATMは時間外手数料がかかるので、時間内に下ろすというのが基本です。しかし社会人にとっては時間内に下ろすというのは難しかったりします。その場合は終日無料のゆうちょ銀行などで口座を作りましょう。

 

また、会社によっては預金残高が10万円以上なら平日は手数料無料と言うサービスもあります。同じように振り込み手数料にも預金残高が〜円以上なら1カ月のうち何回か振込が無料になるサービスがあります。例えば私の場合は楽天銀行を使っているのですが、月に5回までなら手数料無料で引き出すことが可能です。

 

また振り込み手数料は同じ金融機関同士なら、手数料が安くなったり無料になったりします。家賃・光熱費など、同じ口座に毎月振り込む時は、振込み口座と同じ口座を持つと良いでしょう。

 

節約生活をする上で金融機関の手数料の節約は無視できません。

 

たかが数百円と侮らずに徹底して節約しましょう。

 

ネットバンクで節約しよう

 

ネットバンクは節約の強い味方です。

 

条件を満たせば振込手数料が複数回分無料になりますし、ATM手数料もかかりません。

 

私の利用しているネットバンクですと、一定額以上預金していればATMによる引き出し手数料が月5回まで無料なので重宝しています^^

 

また、ネットバンクを利用するメリットはほかにもあるんですよ。それは時間の節約ができるということです。

 

ネットバンクを利用すれば、家にいる時でも口座残高の確認ができますし、振り込みを行うこともできます。それに、過去のお金の流れも簡単に確認できるので、どういった用途でお金を引き出したかもわかるんです。

 

普通の銀行を利用する場合、わざわざ店舗まで行かないといけないですし、時間も気にしないといけないですからね。そういった点でもネットバンクは頼もしい存在です。

 

楽天銀行

 

楽天銀行の特徴をまとめてみました。

 

  • 楽天銀行間の振込手数料無料
  •  

  • 他行宛でも、業界最低クラスのお得な手数料
  •  

  • 楽天証券と楽天銀行の口座を連携させるマネーブリッジを利用すると、普通預金の利回りがアップ
  •  

  • 24時間365日いつでも利用可能
  •  

  • 月最大7回ATM手数料が無料

 

効率よく節約しないとストレスがたまります!

 

節約したいけどなかなか支出を減らすことができない、節約してみたけどあれもこれも我慢したりしてストレスがたまる!とお悩みではありませんか?

 

それは、節約の優先順位が間違っているからです。

 

節約方法としてまず思い浮かぶのは欲しいものを我慢したり、外食を減らして自炊する、こまめに電気を消すといった対策だと思います。確かにそういった対策も大切です。

 

でも、そういった対策って毎回意識してやろうと思わないといけないですし、1回あたりの効果って意外に小さいんですよね。ちなみに、これらの支出のことを変動費と呼びます。

 

変動費は毎回の金額が異なりますし、突発的な支出と言うこともあります。

 

変動費よりも先に固定費を削ろう

 

一方、一定期間ごとに必要な支出のことを固定費と呼びます。固定費には家賃や生命保険が当てはまるのですが、こういった出費は習慣化されていて、あまり気にならないんですよね。

 

でも、固定費は確実にあなたのお金を削っていくものであり、この部分を一度削ることができたらそれ以降はあまり意識しないでも節約効果をもたらしてくれます。

 

なので、変動費よりも先に、まずは固定費の削減から考えることが大切です。

 

固定費の削り方

 

固定費の中でも割合が大きいものが『家賃・通信費・保険関連』です。

 

家賃を削る

 

家賃(住宅費)を削ることは難しいという方もいると思いますが、一度削ると節約効果が大きく、そして持続するのでまずは検討してみましょう。

 

その方法は家賃の減額交渉です。そのためには交渉する材料を集める必要があるのですが、同じマンション内の部屋で家賃の差がないか、近隣のマンションと比較して自分の家賃が適正化、と言ったことを調べてみましょう。

 

通信費を削る

 

スマホなどの普及により通信費は徐々に上がってきていますが、プランの見直しであったりモバイルWi-Fiを活用することも検討してみましょう。

 

保険関連を削る

 

なんとなく支出しているもので一番多いのが生命保険ではないでしょうか?

 

いろいろあって難しいし、比較するのが面倒だからと、はじめに入った保険を惰性で継続している方も多いと思います。確かに流れに身を任せて保険料を払い続けるのは楽ですが、その状態が続くと長期間家計が知らない間に圧迫され続けるといった事態になります。

 

そうしますと、せっかくほかのところで支出を減らしているのにお金が貯まらないといったことにもなります、保険代を払うために稼いでいるわけではないですよね?

 

まずは保険の見直しから始めてみませんか?

関連ページ

お金を上手に増やすコツを知って資産を増やしていきましょう
お金を上手に増やすコツを知って資産を増やしていきましょう
マネーフォワードは自動で家計簿を作成してくれる便利なアプリ
マネーフォワードは自動で家計簿を作成してくれる便利なアプリ
家計簿は手書きがいいの?おすすめの家計簿活用方法
家計簿は手書きがいいの?おすすめの家計簿活用方法
家計簿は節約の補助的な役割を果たす
家計簿は節約の補助的な役割を果たす
クラウドで家計簿をつけよう!
クラウドで家計簿をつけよう!
家計簿のつけ方の基本
家計簿のつけ方の基本
出費がかさむ前に実践したいこと
出費がかさむ前に実践したいこと
社会人なら知っておきたいお金の貯め方
社会人なら知っておきたいお金の貯め方
一人暮らしの節約
一人暮らしの節約
ネットオークションを利用して生活費を節約
ネットオークションを利用して生活費を節約
水道光熱費の節約方法
水道光熱費の節約方法
衝動買いを減らし生活費を節約するには?
衝動買いを減らし生活費を節約するには?
ガソリン代を見直して家計を節約!
ガソリン代を見直して家計を節約!
袋分けで家計を節約!
袋分けで家計を節約!
家計節約の為のパソコン選びについて
家計節約の為のパソコン選びについて
医療費を見直して家計を節約しよう
医療費を見直して家計を節約しよう
節約に繋がる家計簿のつけ方の種類について
節約に繋がる家計簿のつけ方の種類について
最も確実なお金の貯め方は?
最も確実なお金の貯め方は?