水道光熱費の節約方法

水道光熱費の節約方法

水道光熱費の節約方法についてご紹介します。

 

お風呂の節約方法

 

お風呂の節約方法というのは節約をしている人なら誰もが気になるものです。例えば湯船とシャワーではどちらが節約方法として正しいのでしょうか?

 

これは人それぞれ好き嫌いもあります。なのでガス料金や水道代の観点からになりますが、一人暮らしならシャワー、家族が多ければ湯船につかる方がお得です。

 

一般的な浴槽の水量は「200リットル」で、10分間のシャワーで使用される水量は約120リットルと言われています。なのでシャワーでの水の使用量が浴槽の水量を越えるには17分程度かかります。

 

つまり17分以内にシャワー入湯を済ませればシャワーの方がお得、一人暮らしなら簡単かと思います。

 

さらに節水シャワーヘッドを使えばシャワー使用時の節約効果は高まります。節水シャワーヘッドは少ない水量でも水の勢いが衰えません。また、手元のボタンで水を止められるので節水効果も高いのです。

 

シャワーをメインにするのが効果的な節約方法ですが、どうしても湯船につかりたい人もいると思います。そんな人は湯船に貯めるお湯を減らして湯船につかりましょう。

 

5〜6割もお湯を貯めればかなり温まれますし、半身浴に使うのも良いでしょう。

 

ガスコンロの節約方法について

 

光熱費の中でも意外とお金が掛かるのがガス代です。しかし節約をしている方は自炊をしている方が多いでしょうから、ガスはかなり使います。ガス料金の節約は生活費全体の節約に繋がりますから、是非節約方法を知りたいところです。

 

今回は料理でよく使用されるガスコンロの節約方法について紹介します。

 

鍋の水を沸騰させる時など強火にすると思いますが、ポイントがあります。それはガスコンロの火が鍋底からはみ出さないように調整することです。鍋底からはみ出た火は鍋に当たらず無駄になるので効率が悪いのです。

 

また特に指定がなければ火の強さは中火にするように心がけましょう。中火が最も経済的でガス代の節約になるのです。ガスコンロの節約方法は調理の仕方にも影響します。

 

ガス代の節約になる順番で言うと、『炒める⇒蒸す⇒煮る』になります。何かを煮る時は水を沸かしたり、それから食材を煮込んだりでかなりガスを使います。

 

一方、炒める場合はガス代の節約にはなりますが油を使うことが多いので、健康面に注意しましょう。

 

水道代の節約方法について

 

水道代は光熱費の中でも余り高くないので、節約方法について考えない人が多いと思います。確かに水道代の節約方法を実施しなくても、それほど支障はありません。

 

ただ、ちょっとした工夫をするだけで節約出来るので、水道代の節約方法を紹介します。まず間違った節約方法を紹介します。

 

それはタンク内にペットボトル等を入れる方法です。

 

ペットボトルの体積分、タンク内の水が増える気がしますが、実際の水量は減っています。タンクの水量が減れば水圧が下がり、便が流れきらないことがあります。配管が詰まる原因にもなるので注意しましょう。

 

湯船にペットボトルを入れるのは効果的な方法です。ペットボトルの体積分、お湯を節約出来ますし、ペットボトルの本数で調整も利きます。ただし、湯船につかった時に違和感があるので注意してください。

 

水道料金は自治体で異なりますが、まず基本料金があり、その金額の中に一定の使用量も含まれていることが多いです。

 

なので明細を確認して基本料金しか請求されていないなら、あえて節約方法を実施する必要はないでしょう。

 

冷暖房費の節約

 

日本の暑さは年々厳しくなっていますね。しかも日本は気温の高さに加え、湿度の高さもあるので更に厳しいです。

 

こんな状況だとエアコンをガンガン使用して、冷房費も嵩んでしまいます。なので、効果的な冷房費の節約方法について紹介します。

 

まずエアコンと一緒に扇風機を利用しましょう。

 

エアコンと一緒に扇風機を使うのは冷房費の節約方法にならないのでは?と思うかもしれません。しかし、扇風機を使うと室内の空気が攪拌されるので、冷房効率が上がり冷房費の節約になるのです。

 

エアコンの室外機への対策も冷房費の節約方法に繋がります。室外機が直射日光に晒される、空気の出入り口に物が置いてある、などがあると冷房効率が悪くなります。室外機の上に日よけをつけたり、空気の流れが良くなるように物をどけたりして工夫しましょう。

 

エアコンへの対策だけでなく、自身の体を冷やすのも効果的です。

 

首、脇などの血管が沢山通っている部分を冷やすと効率的に体全体も冷やせます。濡れタオルなどを首に巻いておくだけで、かなり涼しくなります。

 

北国にお住まいの方にとって悩みの種となるのが、冬場の暖房費です。地域によっては半年近く暖房を使うことになります。

 

当然、暖房費も嵩みますので、暖房費の節約方法は是非とも知っておきたいところです。

 

実際行ってる人が少ない暖房費の節約方法としては断熱シートが挙げられます。断熱シートは窓に貼る透明なシートで、外からの冷たい空気を遮断する効果があります。

 

冬場になればホームセンターでよく見かけますし、ネット通販でも簡単に購入できます。断熱シートは薄いフィルム状の物より、プチプチのように中に空気が入ったタイプの方が断熱効果が高いのでオススメです。

 

服装を工夫するのも大切です。

 

まずは肌が露出している部分を減らしましょう。そのためにピッタリした肌着を着ることをオススメします。ヒートテックなどの保温性の高い肌着が特にオススメです。

 

また、カーテンを厚手にするのも有効な暖房費の節約方法です。温まった室内の空気が、窓から冷やされるのを防ぐことが出来ます。

 

カーテンの交換は割りと簡単に出来るので試してみてください。

 

電子レンジを活用し生活費を節約!

 

一人暮らしをしていると電子レンジを活用する場面が多くなると思います。確かに一人分の料理を作るためにガスコンロを使うより、電子レンジを利用した方が効率が良く生活費を節約出来ます。

 

そんな電子レンジをより活用出来る方法を紹介するので生活費の節約に役立てて下さい。

 

一人暮らしの方にはパスタを茹でて食べる方も多いと思います。実はパスタを茹でるのも電子レンジを使った方が効率よく行えます。電子レンジパスタ容器という専門の容器が販売されています。これは100均でも買えますのでパスタを良く食べる方は積極的に使いましょう。

 

最近人気のシリコンスチーマーも有効です。

 

水と野菜を入れてレンジで温めるだけで簡単に温野菜が出来上がります。同じ物をガスコンロで作ろうとすると、水を沸かして、そこから野菜を温めてとかなりガス代を消費します。

 

一人暮らしだから電子レンジは安い物で良いと思うかもしれません。

 

しかしながら、電子レンジを活用すれば自炊も楽になりますしガス代の節約にもなるので、長い目で見れば生活費を節約出来ます。高級品を買えとは言いませんが、安さだけを重視して選ぶのは辞めましょう。

関連ページ

お金を上手に増やすコツを知って資産を増やしていきましょう
お金を上手に増やすコツを知って資産を増やしていきましょう
マネーフォワードは自動で家計簿を作成してくれる便利なアプリ
マネーフォワードは自動で家計簿を作成してくれる便利なアプリ
家計簿は手書きがいいの?おすすめの家計簿活用方法
家計簿は手書きがいいの?おすすめの家計簿活用方法
家計簿は節約の補助的な役割を果たす
家計簿は節約の補助的な役割を果たす
クラウドで家計簿をつけよう!
クラウドで家計簿をつけよう!
家計簿のつけ方の基本
家計簿のつけ方の基本
出費がかさむ前に実践したいこと
出費がかさむ前に実践したいこと
社会人なら知っておきたいお金の貯め方
社会人なら知っておきたいお金の貯め方
一人暮らしの節約
一人暮らしの節約
ケチと思われないお手軽節約生活
ケチと思われないお手軽節約生活
ネットオークションを利用して生活費を節約
ネットオークションを利用して生活費を節約
衝動買いを減らし生活費を節約するには?
衝動買いを減らし生活費を節約するには?
ガソリン代を見直して家計を節約!
ガソリン代を見直して家計を節約!
袋分けで家計を節約!
袋分けで家計を節約!
家計節約の為のパソコン選びについて
家計節約の為のパソコン選びについて
医療費を見直して家計を節約しよう
医療費を見直して家計を節約しよう
節約に繋がる家計簿のつけ方の種類について
節約に繋がる家計簿のつけ方の種類について
最も確実なお金の貯め方は?
最も確実なお金の貯め方は?