節約に繋がる家計簿のつけ方の種類について

節約に繋がる家計簿のつけ方の種類について

生活費の節約の為に家計簿をつけている方も多いと思います。ただし、家計簿のつけ方にも種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

 

メリット・デメリットを正しく把握し生活費の節約に繋げていきましょう。

 

まずは最近人気のスマホ&携帯アプリ等のネット家計簿です。

 

これらアプリにはレシート読み取り機能が付いている物もあり、入力が非常に簡単です。また、入力すれば自動で集計・分析がしてくれるので、計算の手間も省けます。

 

一方アプリが豊富すぎて自分に合った物を見つけるのが難しく、機能が多すぎて使いこなせない、というデメリットもあります。

 

もう一つはエクセルなどを使った自作の家計簿です。これは自分に必要な項目・機能の表を作れる上、計算も楽に行えます。しかしエクセルの知識が無いと作るのは大変ですし、スマホ・携帯では利用できないこともあります。くわえて、持ち運びが便利でどこでも見れるといったものでもないので、確認したいときに確認できないといったデメリットも存在します。

 

最後は紙・手書きの家計簿です。

 

手書きは自分で書くので記憶に残りやすくなり、お金を使ったという意識を持ちやすいです。また、その作業のめんどくささから、あまりお金を使わないようにしようというように、心理的にお金を使わなくさせるといったメリットもあります。しかし、計算や集計に手間がかかるというデメリットがあるため、家計簿をつけ始めたはいいけど、すぐに挫折してしまう可能性もあります。

 

上記を参考に自分に合う方法を探して生活費の節約に役立ててください。

 

家計簿のつけ忘れを防ぎ生活費を節約!

 

家計簿をつけて生活費の節約をしようと思い立っても、つけ忘れが多すぎては意味がありません。

 

実際、一人暮らしだと家計簿をつけなくても、何となくで生活費を把握できてしまいます。しかし、それでは節約にならないのでつけ忘れを防ぐコツを紹介します。

 

まず、基本中の基本ですがレシートを必ずもらうことです。レシートさえあれば、その日家計簿をつけられなくても、後日記入することが可能です。

 

自分がいくら使ったか確認するのにも役立ちます。

 

出来れば紙の明細をもらうのがオススメです。カードや携帯電話等の明細はネット上で確認する、WEB明細が多くなっています。WEB明細の方がゴミも減るのでエコにも繋がりますが、パソコンやスマホ等から確認するという作業は忘れがちになります。

 

またサービスにもよりますが、WEB明細には保存期間があり永久に見られるわけでもありません。ただ、WEB明細から紙に戻すと手数料を取られることもあるので、節約を考えるならWEB明細のままの方が良い場合もあります。

 

無理せず家計簿を続けて生活費を節約!

 

生活費の節約の為に家計簿をつけ始めたは良いものの、長続きしないという人は多いのではないでしょうか?実は私もそうでした。エクセルで毎日つけてはいたんですけど、意外とパソコンを起動してエクセル開いて入力してというのは負担が大きいんですよね(汗)

 

仕事で忙しい時などは家計簿をつける作業は後回しになりがちで、一度休んでしまうと再開するのは意外と難しいです。そこで無理なく続けられるコツを紹介します。

 

何の目標も無く家計簿を付け続けるのは困難ですので、家計簿をつける上で目標を設定することが重要です。

 

おそらく、家計簿を付け始めたのは生活費を節約したいからだと思います。では、その節約したお金で何をしたいのでしょうか?具体的に節約して何をしたいかを明確にすると、モチベーションを維持しやすくなります。

 

また、項目は出来るだけ少なくしましょう。

 

支出項目を細かく分類した方が、家計を正確に把握出来るのは事実です。しかし、項目があまりに多いと毎日の記入作業が大変になり続かなくなってしまいます。

 

家計簿への記入を一円単位で細かく行う人も多いと思いますが、ざっくりとで構いません。985円なら1,000円と書いた方が計算も楽になります。

 

細かく記入したにも関わらず、計算が合わないとなると嫌気がさしてモチベーションも落ちるので、大雑把にいきましょう。

 

家計簿をつけるのはあくまでお金の流れを大まかに把握するためです。テキトーでもいいのです。

 

簡単家計簿で節約生活!

 

生活費の節約の為には家計簿を付けるのが役に立ちます。でも、毎日項目ごとに書き込んだり、打ち込んだりするのは面倒くさいという人は多いのでは?

 

そんな少しズボラな方でも出来る簡単家計簿があるのでご紹介します。

 

まずはノートにレシートを貼り付けていく単純な方法です。これだけでも出費の把握は一応出来ます。ただ出来れば罫線入りのノートを使い、レシートの金額に合わせて、ずらして貼っていくと視覚的に分かりやすくなります。

 

家計簿自体を使わない節約方法もあります。

 

これは単純に収入から固定費と貯蓄を引いて、その月に使えるお金を割り出します。月に使えるお金が分かったら月の週数で割ります。その金額で毎週やり繰りすれば、家計簿なしでも節約できます。ただ、お金の流れが感覚的にしか分からないので家計簿はつけたいところです。

 

スマートフォンを持っているならレシートの読み取り機能が付いている家計簿アプリを使うのが良いでしょう。

 

レシートを使った家計簿も作りながら、アプリで細かい管理もすれば更に効果的でしょう。

関連ページ

お金を上手に増やすコツを知って資産を増やしていきましょう
お金を上手に増やすコツを知って資産を増やしていきましょう
マネーフォワードは自動で家計簿を作成してくれる便利なアプリ
マネーフォワードは自動で家計簿を作成してくれる便利なアプリ
家計簿は手書きがいいの?おすすめの家計簿活用方法
家計簿は手書きがいいの?おすすめの家計簿活用方法
家計簿は節約の補助的な役割を果たす
家計簿は節約の補助的な役割を果たす
クラウドで家計簿をつけよう!
クラウドで家計簿をつけよう!
家計簿のつけ方の基本
家計簿のつけ方の基本
出費がかさむ前に実践したいこと
出費がかさむ前に実践したいこと
社会人なら知っておきたいお金の貯め方
社会人なら知っておきたいお金の貯め方
一人暮らしの節約
一人暮らしの節約
ケチと思われないお手軽節約生活
ケチと思われないお手軽節約生活
ネットオークションを利用して生活費を節約
ネットオークションを利用して生活費を節約
水道光熱費の節約方法
水道光熱費の節約方法
衝動買いを減らし生活費を節約するには?
衝動買いを減らし生活費を節約するには?
ガソリン代を見直して家計を節約!
ガソリン代を見直して家計を節約!
袋分けで家計を節約!
袋分けで家計を節約!
家計節約の為のパソコン選びについて
家計節約の為のパソコン選びについて
医療費を見直して家計を節約しよう
医療費を見直して家計を節約しよう
最も確実なお金の貯め方は?
最も確実なお金の貯め方は?