こどもの登園準備を楽にするコツ

こどもの登園準備を楽にするコツ

私には保育園に通う1歳の息子がおりますが、朝はドタバタ。

 

起こしてオムツ替え、体温測定、朝ごはん食べて着替えさせて…あーっ集金袋忘れてた!

 

今日まで提出の書類あった!忘れっぽい私はそんなことが多いです。

 

おたよりなどもさらっと読んで大事なこと忘れちゃったりしがちです。そんなダメダメ母ちゃんから脱却すべく、いろいろ考え、保育園の準備がぬかりなくスムーズになるように工夫してみました。

 

通園に必要なものチェック表

 

「手拭きタオル、エプロン、連絡帳、シール帳、着替え、予備オムツ、提出物・・・」など書いて見える所へ。出発前に見直して、忘れ物を予防します。

 

これで、かなり忘れ物はなくなりました。また、子供を迎えに行ってから帰宅後に、今日の使ったタオルなどを取りだしたらすぐに、翌日使うものを入れるようにしたところ、朝のドタバタが少し解消されました。

 

おたよりはもらったらすぐにアンダーライン、スマホ保存

 

予定表、行事案内など、園からは様々なおたよりが出されます。「○○を用意してください」「運動会は○月○日です」など重要なところにはアンダーラインを引き、見えるところに貼ったり、かさばるのが嫌ならスマホに写真で保存。

 

私はさらに、行事などは冷蔵庫に貼っているカレンダーに書き込みます。

 

集金などの提出物は速攻で提出

 

園によっても違いますが、集金などは忘れないように三日以内には出すようにしています。

 

なかなか細かい小銭などがないときもありますが、小銭だけ集めたがま口などを用意しておくと便利です。行事の出欠なども、スケジュールがわかり次第、すぐに提出をします。

 

連絡帳は、前の日の夜に書く

 

朝の体調だったりなどは翌日にしか書けませんが、ちょっとした親子の会話のエピソードや、こどもの家での様子、先生へ聞きたいことやお願いなど、記入できることは前の日にしておくと、朝がとても楽になりました。

 

お世話になっている先生へのお願いごとなどは、いろいろ気を使いながら文章を考えるのでけっこう時間がかかるんですよね。

 

息子にペンを奪われ落書きされたりもするので、朝だとイライラ。前の晩に息子が寝てから書いてます。

 

10分前行動をする

 

イヤイヤ期、自分でやりたい期の息子の着替えはほんとに大変。朝から逃げ回ります。車に乗ったらチャイルドシートの金具を絶対自分で止めると大騒ぎ。

 

ああ気づいたら遅刻ぎりぎり。そんなことを防止するために、予定出発時刻を10分繰り上げて準備すると気持ちにいくらか余裕が持てるのでイライラも半減します。「自分でやってごらん」など仏のようなほほえみだって出来ることも。

 

とっても簡単なことですが、意識してやってみるだけでかなり違い、保育園の準備がとても楽になりました。

 

忘れ物もすることがなくなり、「○○君のお母さん、提出物がとても早くて助かります」と保育園の先生にも言ってもらえました。

 

何より、朝に息子と余裕をもって楽しく過ごせるようになったことがとても嬉しく思っています。朝は家族で仲良く過ごせるように心がけていきたいです。

関連ページ

育てにくい子供にはより一層寄り添うことも必要です
子育てではいろいろな悩みがあると思いますが、ここではそうした悩みを解決・改善するための方法について紹介しています。
子供との時間の過ごし方・コミュニケーションツール
子供との時間の過ごし方・コミュニケーションツール